海洋環境を守る。

海は生命の故郷であり、海は人間と密接に関係しています。

海洋は、地球の面積の70.8%を占めています。太陽から熱を吸収し、また熱を大気に放出して、それによって気候を調節しています。そのため、沿海地区の気候は適当で、環境は美しくて、古くから、人口密度の高い場所でした。現在、世界の人々の40%が沿岸地域に住んでいます。

アメリカの海洋学者シアーズ・アールは言った:私たちの惑星の特徴は海洋に支配されていることであり、天気や気候も海洋に支配されています。海洋にいる生物の種類の多く、世界最大の生物種のコレクションでも言えるでしょう。海洋が変化すれば地球の特徴も変化していきます。

環境問題は常に人間の発展を脅かす大きな問題でした。多くの環境問題がすでに直面している場合、人間は環境へのさらなる被害を回避するための指針となるイデオロギーを開発する必要があります。

キーワード:海を守る、海洋環境、海洋汚染、海洋生態の破壊。

環境問題は人間が直面している複雑な問題の複合体であり,限られたスペースの中で完全に理解することは困難だと思います。主に生態環境の破壊、環境汚染、地球温暖化、オゾン層の破壊、酸性雨などの地球規模の大気環境問題に分けられています。環境問題には,エネルギー・資源問題,海洋汚染問題,危険廃棄物の越境移送問題,都市環境問題, 水危機 ,生物多様性喪失など,他にも目立った点がたくさんあります。以下に海洋汚染問題について紹介します。

海洋環境問題は2つの方面を含む:

1つは海洋汚染、即ち汚染物が海洋に入って、海洋の自浄能力を超えること;

2つ目は海洋生態破壊、すなわち各種の人為的要素と自然的要素の影響下で、海洋生態環境が破壊されたこと。

  1. 海洋汚染

ほとんどの海洋汚染物質は陸上で生産されています。廃棄物の投棄や港湾建設などの沿岸活動も、汚染物質を沿岸水域に放出します。汚染物質は海洋に入り、海洋環境を汚染し、海洋生物を危険にさらし、さらには人間の健康を危険にさらします。工業生産の過程で排出される廃棄物は海洋汚染物の主要な源であり、それらは大型港湾と工業都市の付近に集中しています。1953−1970年に日本九州の水俣湾で発生した水銀汚染事件は,工場が有機製品を生産する過程で水銀を含む廃棄物を排出したため、これらの有害物質は海洋に流入し、魚や貝類に蓄積され、結局、100人余りが中毒になり、死亡した。原子力発電所や工場から排出される冷却水は、水温が高く、河口や海に流入する際、海洋生物に影響を及ぼすことが多い。農地に施用された殺虫剤は雨水に沿って河川に流出したり,土壌粒子に沿って河口付近に堆積し,最終的に海洋に流出する。偶発的に海上石油プラットフォームとタンカー事故が発生し、石油漏れと流出を引き起こし、海洋汚染を招いました。

2. 海洋生態学的破壊

海海洋汚染に加えて、土木工事や漁業(囲い込みや乱獲)などの人間の生産活動、ならびに地球温暖化や海面上昇などの自然環境の変化は、海洋生態系を破壊および変化させる可能性があります。人間による特定の海洋生物の乱獲は、海洋生物資源の数の減少、品質の低下、およびいくつかの種の絶滅をもたらしました。一部の海岸プロジェクトの建設と干拓は科学的な論証が不足し、海岸環境と海岸地帯の生態系を破壊した。現在、海洋開発活動にはまだ包括的かつ長期的な計画が欠けており、包括的な利点は比較的貧弱です。油汚染と沿岸工業生産と輸送ルートでの船舶の監視と制御は、油汚染の主な原因です。したがって、油汚染地域は沿岸水域とシーレーンに沿って集中しています。アクシデントによる石油流出は、汚染の兆候が明らかで、汚染物が集中し、危害が深刻であるため、人々の注目を集めており、現在、汚染管理の焦点となっています。事故の発生を減らすために、多くの国が原油の新しい積み込み方法を実験しています。一部の国では、港の表面廃棄物とスロップオイルを除去するための除染容器が装備されています。

1960年代以降、世界的な海洋開発ブームが起きた。海洋科学と技術は急速に発展し、現代新技術革命の重要な領域の一つになった。国際的な海洋開発、保護、管理の新しい状況に適応するために、20年以上の努力の末に『国連海洋法条約』を採択し、1994年11月16日に正式に発効した。海洋法条約の誕生は、国際海洋法制度に重大な変革をもたらした。例えば、長期的に争っていた領海の幅の問題が解決された。国際海底とその資源は人類の共同相続財産として確立されている。『国連海洋法条約』によると、全世界144の沿岸国は12海里の領海権を有するほか、管轄海域の面積は200海里まで延長でき、同国の排他的経済水域として、海底水域及び底質の自然資源を探査、開発、利用、保護、管理する主権を有している。『国連海洋法条約』の誕生は、国際法の新しい秩序を確立するために重要な一歩を踏み出した。しかし、『国連海洋法条約』は各国の利益と要求を考慮しなければならないため、まだ多くの不備と不明確な点がある。そのため、実施過程において、必然的にいくつかの新しい矛盾と問題が発生する。例えば、閉鎖された海域と半閉鎖された海域では、周辺国が主張する200海里の排他的経済水域が重複している可能性があり、島嶼主権の争議や漁業資源の配分などの問題もあり、これらは隣接国間の緊張や国際的な衝突を引き起こす新たな要因となる可能性がある。そのため、隣接国家間の管轄海域の境界画定と海洋権益は、関係国に友好的な協議精神に基づいて、公平かつ合理的な解決を要求しています。

海にはさまざまな生き物が生息しており、豊富な財宝を秘めている。神秘的な色彩と未知の神秘を持っている。海は一つの巨大な家族で、この一族の中には、「海岸の守護神」——マングローブ、「絶望的な妖精」——クラゲ、海の「魚医者」——ネオンサインのヒレ……すべてはどんなにすばらしいことで、彼らはすべて共に海を築いた一員です、彼らがいなければ、海はそれほど素晴らしいものではありません。また、海は巨大な「青い薬庫」「青い牧場」でもある。その色、その謎は、私たちをいつでも探検することを引き付けます。

私は幼い頃から海の生き物に興味がありました。たとえば、私の印象では、サメは猛烈です。読んで、実際にそれが真実であることを学びました。ジンベイザメは最大で、体長は約25メートル、体重は80トンで、巨大なモンスターです。最も小さいサメは、長さ20-27cmのピグミーホーンサメで、手に置くことができるほど小さい。

サメは哺乳類であり、肉を食べるため、海の中でより高い生物です。時にはカメやカニなども狩ります。食事中にターゲットを見つけたら、すぐにそれを飲み込みます。これは、サメの敏感な嗅覚と鋭い洞察力から切り離せません。 30メートル先の血の滴であっても、匂いがする可能性がありますが、血の匂いに非常に敏感であり、それによって忍び寄るすべての獲物は逃げるのが困難です。しかし、サメを見るのは危険ですが、宝物になる可能性があります!サメの肝臓はビタミンAと次元Dが豊富です。したがって、科学者はサメの謎を研究しており、人間に利益をもたらすことを望んでいます。

長年の苦労の末、日本の海洋環境保護作業は著しく進歩し、産業公害は大きな成果を上げました。都市の環境条件が改善され、生態環境保護が初期結果を達成し、環境管理システムが初期の形を取りました。環境モニタリング作業が実施されました。急速な発展に伴い、環境科学の研究と教育が強化され、海洋環境保護法が強化され改善されました。

株式会社ブルーエコノミー力を入れる海洋環境保全。

水資源の持続可能な発展を求めの施策を行なう

地球の表面は5.1平方キロメートルで、そのうち71%が海、29%が陸地です。宇宙から見ると地球が青色で、とても綺麗です。

海は塩水であり、直接飲むことはできませんので、いわゆる水資源は、主に陸上の淡水資源(例えば河川水、淡水、湖水、地下水、氷河など)を指しています。

陸上の淡水資源は、地球上の全水量の約2.53%しか占めていません。それらのほぼ70%は固体の氷河で、氷河と氷床は2,500万立方キロメートルを占めています(約1.8%)。極地や中低緯度に分布する高山氷河は利用することがまた出来ません。


日本国は海水に囲まれた島であり、水産資源に恵まれ,主な食材のほとんどは海の魚や海藻類を使っています。したがって、海は私たちの国にとって生存のための非常に重要な資源です。

近年、現代の社会科学技術の発展に伴い、人間は科学技術によってもたらされる利便性を享受している一方で、海洋の継続的な搾取によって引き起こされる汚染はさまざまな国によって明らかに懸念されています。

【海や川などを守りながら、その恵みを経済成長に生かす】をテイマーの持続可能なブルーエコノミー国際会議には、日本をはじめ、アジア、大洋州、中南米各国の閣僚や国際機関が参加し、世界から大きな注目を集めています。

日本が従来から競争力を持つ分野の技術を新たに取り入れていく株式会社ブルーエコノミー会社の誕生を期待されています。

株式会社ブルーエコノミー 持続可能な環境保全プロジェクトに取り組む。